読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわかラグビーブログ

ラグビーにわかファンです。もっぱらテレビ観戦、ネット観戦。海外目線に注目しています。

リーチ、モールでポコックに首を締められる。出停3週間は軽い!

まずは、この動画。

 

4月2日のブランビーズvチーターズ戦

南アでサンウルブスが最下位争いのキングスに負けた前日のこと。

前半の30分、ゲームを支配するかに見えたホームのブランビーズだが 6-5 と、ついた点差はわずか1点、ハーフタイムは 13-20 と差をつけられた。

後半、43分には 13-23、55分には 20-26 と差を詰めたが62分に 23-29、67分に 23-36 と差が広がった。

デビッド・ポコックが動画の通りの反則プレーに及んだのは74分のモールだ。先頭で引っ張るリーチに絡んで首を締めた。リーチは左腕をタップしてアピールするが離そうとしない。審判が見ていないのをいいことに、ポコックは明らかに自分が何をやっているか分かってやっている反則だ。タックルやチャージなら一瞬のプレーだが、これは数十秒間にわたって執拗に行われた卑劣な反則プレーだ。

許せん!

ホームの自チームファンの前でワールドカップ日本代表のキャプテン、リーチ・マイケルの首を締めるとは!

 

ポコックの反則で首を押さえて倒れこんだリーチだが、この後、フル出場した。さすがだ。チーフスは 48-23 と圧勝した。第6節を終わってSRトップの成績だ。ブランビーズは3位。

 

これで出場停止3週間は軽すぎる。卑劣さを考えたら、6週間が妥当、いや、シーズン全試合でもおかしくはない。

しかも今週はバイ・ウイークで実質2試合だけの出場停止にしかならない。

オーストラリア・チームはワラターズにフォーリーがいるし、レッズに五郎丸がいるし、サンウルブスのカークもレッズだし、悪い印象はなかったが、

ポコックの反則で一気に気が変わった。

もうオーストラリアのチームは応援しない。

頑張れニュージーランド

頑張れサンウルブス!

  

ポコックの 謝罪文

www.foxsports.com.au

 

リーチに直に謝ったと報道されている。首は大丈夫なんだろうか? 

 

よーっし、大丈夫だ!

4月8日のブルーズ戦の先発XVに入ってる!

No.8 マイケル・リーチ!

www.chiefs.co.nz

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村