読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわかラグビーブログ

ラグビーにわかファンです。もっぱらテレビ観戦、ネット観戦。海外目線に注目しています。

舞台は整った!役者も揃った!最後の勝負だ!

南ア遠征、最後のたたかい

明日の深夜は南ア遠征最後のたたかい、2回目の対戦となるチーターズ戦だ。

ブルームフォンテーン、舞台に不足はない!

ボンドが4週間の出停となり、代表メンバーが3人も帰国してしまったが、先発XVには鉄人・大野、ベテラン司令塔・ピシが戻る。フォワードの第3列・バックローは、トップリーグXV戦以来のAAA(アルゼンチン、オーストラリア、アメリカ)復活だ。好調の矢富、動きのいい、いや素晴らしく動きのいいバックス。このスコッドは一見なんでもないスコッドに見えてバランスが取れている。7戦でベスト・スコッドだ。役者も揃った!

 

 

フロントロー(1列)が踏ん張り切って

後半ラスト20分の勝負に持ち込めれば、

競り勝てる!

 

まわりが1勝にこだわりすぎる、
選手はそこにはいない、
一戦一戦で小さな勝ちを手にする、

などとジェダイのようなコメントをしていたが、

 

ハメットHC、大きな勝ちへ勝負に出たな!?

 

(一戦一戦で小さな勝ちを手にする、とは、サンウルブスのアナリスト、クリス・ミルステッドのコーチング哲学だ。)

http://impresscoaching.eu/2013/07/how-do-you-turn-around-an-under-performing-team/


頑張れサンウルブス!

 

92-17 記録的大敗だ。

 開始から10分で早くも 2トライを奪われ 14-3、ハーフタイムは 45-3。ボール支配は5分5分だがボールを持っても22メートルラインを越えることができず、セットピースもディフェンスも機能せず最低の結果になってしまった。

f:id:beachfro:20160416141410p:plain

 

遠征とタフな試合から来る疲れがチーム疲労を引き起こしたのか? それともフィットネスに失敗したのか?それとも何か外から見えない他の要因があるのか?コーチ陣がコメントを出す時だ。

ペナルティーが両サイド7と少なく、後半に2トライを上げたことが、小さな勝ちだろう。

帰国のフライト中は伝言ゲームでコミュニケーションをチェックし、御飯と味噌汁で鋭気を養い、4/23秩父宮ジャガーズとマッチアップだ。

 

頑張れるのか、サンウルブス?

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村