読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわかラグビーブログ

ラグビーにわかファンです。もっぱらテレビ観戦、ネット観戦。海外目線に注目しています。

トップリーグ R1 下位サイドが追い上げて来た!

週末、トップリーグの第1節が終わった。結果は、

f:id:beachfro:20160827214056p:plain

 

得失点を基準にして昨年同期の成績を比較してみると、

この4チームが目に見えて(対戦相手はともかく)パワーアップしている。

 

 

得失点差が最大36点から21点に15ポイント(2トライ、2コンバージョン)縮まって、この一年間で下位サイドが力をつけて上位サイドを追い上げて来たようだ。

 逆に絶対王者パナソニックワイルドナイツヤマハジュビロに敗れる波乱、東芝ブレイブルーパスクボタに終了間際に追いつかれそうになった。

しかしまだ初戦だし、この先112試合(各チーム14試合)もあるし、おまけに総当りのポイント制で優劣が決まるため、選手層のマネジメントがポイントになって、スーパーラグビー並みのフォーマットでHCはじめ運営サイドも試される。波乱のシーズンになりそうだ。

 

選手サイドからすれば、出場機会が広がり、絶好のアピールチャンスとなって2019年2020年へ芽が出る可能性が高まる。

 

23人✕16チーム=368人+α、全員覚えるまで時間かかるな。。。

 

ハイライト ヤマハ パナソニク

www.youtube.com

 

ハイライト サントリー 近鉄

www.youtube.com

 

ハイライト  リコーNEC

www.youtube.com

 

ハイライト 東芝 v クボタ

www.youtube.com

 

ハイライト Honda宗像サニックス

www.youtube.com

 

ハイライト トヨタ自動車豊田自動織機

www.youtube.com

 

ハイライト 神戸製鋼 v NTTコム

www.youtube.com

 

ハイライト コカ・コーラキャノン

www.youtube.com

 

 

新フォーマット 

今年から総当り(1チーム15試合、120試合)でスーパーラグビーとほぼ同じ設定のポイント制になる。決勝トーナメントはない。

  • 勝ち4ポイント
  • 負け0ポイント
  • 分け2ポイント
  • 7点差以内の負けでボーナスポイント1
  • 3トライ以上の差で勝てばボーナスポイント1 

3トライ以上の差をつけて勝てば5ポイントだ。もし15試合すべてでこれを達成すれば最高75ポイントになる!

R1のベスト3は、

  1. トヨタ自動車ヴェルブリッツ 5P - PD21
  2. キャノンイーグルス 4P - PD17
  3. 宗像サニックス・ブルース 4P - PD11

 

最終15節は2017年1月14日(土)だ。上位3チームと大学選手権優勝チームが日本選手権で対戦する。

  • 2017年1月21日(土)準決勝 花園
  • 2017年1月29日(日)決勝 秩父宮

 4位~12位はシーズン終了、13位~15位は入れ替え戦、16位は自動降格となる。

 

この間11月には、ジョセフ・ジャパンのデビュー戦となる秋のテストマッチ4戦(アルゼンチン、ジョージア、ウェールズ、フィジー)があり、スーパーラグビーのキックオフが2月最終土曜日とすると、日本選手権の一ヶ月後の2017年2月25日(土)だ。

 

去年はほとんど見てないが、今年はどうなる、トップリーグ

ダークホースは、宗像サニックス・ブルースか!

 

R2

 

リカバリ日数

 

リカバリ日数は 5日が3チーム、6日が9チーム、7日が4チーム

9/3秩父宮サントリーvHondaは 7日v5日、スコッドを入れ替えるにしても2日の差は大きいはずだ。(違った、Hondaは中6日だった。中5日は3チームだ。)

RWC2015の2試合目は、初戦となるスコットランドに対して中3日の対戦となり、後半戦40分に疲れが出て引き離されてしまった。(おまけに主審がアイルランドだった!) 日程上の制約と思われるが、どこかでバランスを取るんだろうか?

こうなると、折り返し点となる10月15日 R7までに白星とポイントを重ねておかないと、怪我やリカバリ不足が災いして後半戦で差が広がるから、主力選手のフィットネスと選手層が鍵になりそうだ。

 

試合日程とリカバリ日数

f:id:beachfro:20160829211319p:plain

 

f:id:beachfro:20160829211346p:plain

 

f:id:beachfro:20160829220957p:plain

 

試合日程とリカバリ日数を並べてみた結論。

パナ、近鉄にアドバンテージ、NTTコムにディス・アドバンテージがある。

14回あるリカバリ(9月のバイ週と11月、年末年始は除く)の平均日数が他チームよりほぼ1日少なく、シーズン中のリカバリ平均日数 1チーム 65日 から 7日 も少ないぞ!中5日が6回あるキャノンもきつそうだ。見間違えたかな?

 

なぜだ???

f:id:beachfro:20160830221137p:plain

 

それに、リカバリ視点だと、トップリーグの日程はスーパーラグビーよりも

きついぞ!!!

 

相手がオールブラックススプリングボクスワラビーズだから、当然、試合の強度が違うし、遠征があるからリカバリが十分にできるとは限らないし、人数が少ないから一人の負担が大きくなるし、それに、白ご飯と味噌汁を毎日口にできるとは限らないが、とはいえ、

選手一人ひとりがひと試合ごとに受けるダメージは、トップリーグの方が大きいんじゃないのか?!

 

しかも、今年はRWC2019の会場を巡業しなきゃならないんだったな。

 

だーはっは!

 

笑い事じゃない?

もしペナルティートライの判定なら、23-27でNECが勝ってた。

どーするリコー?

 

 

11月のテストマッチ

ジョセフ・ジャパンの秋のテストマッチ日程が発表された。

 

6月のカナダ戦、スコットランド戦と違ってトップリーグの後半だけに、残り6試合を前に選抜が難しいが、6月のテストマッチの後、世界ランクが10位から12位に後退したまま2019年プール戦の組み合わせ抽選(2017年5月)を迎えると、ほぼ間違いなく「死のプール」が待っている。

死のプールというのは、20チームが4組に別れる予選で各組5チームのうち3チームがティア1、2チームがティア2、8強に勝ち上がる可能性は限りなくゼロに近い組のことだ。

2度目のアプセットは考えられないから、8強入りを目指すなら11月は負けが許されない状況だ。2勝ジョージア11位、フィジー10位)2分け(アルゼンチン7位、ウェールズ5位)が最低ラインになるはずだ。いや、それでも無理か。

 

どーするジョセフ・ジャパン?

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村


ラグビー ブログランキングへ