読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわかラグビーブログ

ラグビーにわかファンです。もっぱらテレビ観戦、ネット観戦。海外目線に注目しています。

序盤4戦が終わって、東芝に異変か?!

第4節はこうなった。

f:id:beachfro:20160917234356p:plain

NECが4戦目で1勝をあげた。コカ・コーラHondaはあと一歩及ばなかったが全力で意地を見せたぞ。クボタ宗像サニックスは危なかった。パナソニック東芝は歯止めが効かないな。トヨタ豊田近鉄は空回りだ。

神鋼トヨタ、どちらも去年の上位グループとは言え、あのまま神鋼が完封勝ちしてたらアプセットだったな。

前日のキャノンvリコーの事務機ダービーも熱かったな。リコーがあれだけスクラム勝負にこだわったのは「負けられないたたかい」だったからか!?

 

エブリンハム、5トライ目で神戸製鋼山下楽平とトライ王・首位の座を競っている! 楽平、落語家みたいな名前だが一度聞いたら忘れないな。

  • 得意プレーは「消えるステップ」だと!
  • 強化しているプレーは「ラスト5分でもフルスプリントできるフィットネス」
  • 注目する他チームの選手は「金正奎」(高校の同期でブレイク中だから)
  • 今季の目標は「全試合フル出場
  • 行ってみたい国は「ジャマイカ

セブンスの選手だ。24歳。注目選手の2人目にしよう。

 

R4 総合ランキング

ランキングも動いた。トップスリー神戸製鋼が勝ち上がってきた。NTTコム、宗像サニックスリコー、クボタが上げて来た。下位グループでは唯一NECが気を吐いた。

 

f:id:beachfro:20160917234428p:plain

 

得失点の差

昨年比をチーム・スタッツ(勝つか負けるか)で見てみると、

4戦4勝は2チームで変わらず、4戦0勝が3チームで一つ増えた。

得失点差は圧縮している。前期、パナとNコムは試合がなかったのでリーグ全体の得点力が上がったことになる。下位チームが力をつけてリーグを押し上げているようだ。

コカ・コーラ3桁のマイナスを30%以上も圧縮してきた。

ヤマハサントリーがずば抜けている反面、東芝が4戦目でマイナスに転落した。確かに「受け入れがたいスコア」だし、絶好調のヤマハとの対戦だったし、しかもトライレス、得点はペナルティー・ゴールが前半に1つ、後半に1つだけ、これは異変と呼べる事態だ。

パナソニックは失点が多い。ディフェンス力が落ちてきたのか?

 

f:id:beachfro:20160917234457p:plain

 

勝つためには得点を上げなくてはならないが、同時に失点を抑えないと上位には食い込めない。総合7位のパナソニックと5位のNTTコムが好対照だ。下位チームは、失点を抑えてポイントをあげないと中盤以降で浮上がますます難しくなる。負けても7点差以内なら1Pゲットできるポイント・ルールだ。

2勝2敗のリコーは、攻守のバランスがいいのか、勝ち切れないのか、いったいどっちだ?

宗像サニックス取られた分だけ取り返すチームカラーか?

それにしても、パナソニックは失点が多いな、サントリー45に比べて倍以上の95失点で3桁目前だ!

 もし次節でヤマハサントリーが対戦したら、ディフェンス力でサントリーが勝ちそうだ。そりゃそうだ、壁ちゃん復活だ!!!

 

f:id:beachfro:20160918153254p:plain

 

クリスマスはまだ先の話だが

序盤4戦が終わり、バイ週(1回休み)を挟んで10月は5連戦だ。11月に代表戦テストマッチ)4戦が控えている。だからといって手を抜いていると上昇チームと下降チームの差が広がっていくが、先ずは2週間後の第5節だ。

 

とはいえ、ジョセフ・ジャパンのスコッド選抜は苦労しそうだな。最低でも2週間の準備期間を確保できないと惨敗する。遠征チームが25人として選抜は35人前後か? 各チーム2人か3人だ。ヤング・ジャパンの選抜もありそうだ。

 

ヤマハサントリーがこのまま全勝で勝ち進めば、13節(12月24日)静岡でクリスマス対決が実現する! 

 

f:id:beachfro:20160917234522p:plain

 

次節の見どころは何だ?

f:id:beachfro:20160918171221p:plain

 

中2週間、全チームがリカバリとコンディショニングに集中してここ一番の準備をしてくる。4戦を終えたコーチ陣は自サイドの修正点を洗い出し、相手サイドの弱点を突く戦術を整えて「勝ちに行くスコッド」を組んでくるはずだ。

 

宗像サニックス東芝相手にアプセットを起こせるか?

Honda v コカ・コーラの1戦で初勝利が決まるぞ!

ヤマハサントリーは崩れそうにないが、リコー、キャノンが魅せる可能性がないとは言えない、絶好のアプセット・チャンス、

早くも2敗、4連覇できるのか?と評される王者パナは、どうする? 相手は調子を上げてきたNTTコム

下位チームは中盤以降の流れを変える1戦、

 

波乱の5節にならないわけがない!

 

そうだったか、ちょうど1年前か!

寝不足興奮悔しさ笑いが入り混じった濃いひと月だったな。

次のスコ戦はいつだ?! いや、その前にアルゼンチン、ジョージア、ウェールズ、フィジーだ。世界ランクは10位から12位に後退してしまったが、

スクラム組もうぜ!

 

 

 リオ・パラリンピック 車いすラグビーで銅メダル!

 

 アジアのチームが表彰台に上がるのは初めてという歴史的快挙、

やったぜ! おめでとう!!!

 

 

サンウルブス・ベストマッチ・ファン投票!

  1. ジャガーズ
  2. ライオンズ
  3. ブルズ
  4. ストーマーズ
  5. チーターズ戦

配信は2017年1月末まで!

 

super-japanrugby.com

 

スーパーラグビー2017の日程

スパーラグビー2017の日程が発表された。アルゼンチンジャガーズと対戦カードが組まれ、遠征のフライト時間が2016より増えた。

f:id:beachfro:20160921233304p:plain

 

初戦でいきなり王者と対戦、締めくくりもNZ戦

 

f:id:beachfro:20160921233344p:plain

 

18チーム、4組のフォーマットが発表されたのは2014年5月だった。2016年から2020年までの5年間のプランだ。この時点では新規参戦する3チームのうちジャガーズキングスは決まっていたが、サンウルブスが参戦を発表したのは同年11月だ。5月の時点で組み合わせ(対戦カード)は未発表だったが、サンザーは向こう5年間のシュミレートを繰り返して興行の勝算ありと踏んだはずだ。

 

www.superxv.com

 

SRは 6-5-4 フォーマット

スーパーラグビー対戦フォーマットの基本は 6-5-4だ。

組(カンファレンス)チーム同士の対戦が6戦、組をまたいだ対戦が5戦、グループ同士(NZL,AUS,RSA)の対戦が4戦、これで17週間に各チームが15戦する。対戦相手の組み合わせは毎年ローテーションで決められる。

そういうルールらしい。

このルールを18チームに当てはめると、地理的な違い(距離と時差)による偏りが避けられない。対戦曜日時間の調整もある。だからファンの間で不評を買った。

この「偏り」をもろに食らっているのがサンウルブスの遠征だ。東京以外はすべてアウェイだ。ぼっち参戦だから組自体がすでにアウェイだ。

移動のためのフライト時間の合計が、1年目は113時間、2年目は130時間。リカバリどうするんだ?

 

 

NZヘラルドはR11の後、R13のシンガポールへ直行する計算だが、R12がバイ週だから日本へ戻って白ご飯食べるよな、うん。そうすると東京→シンガポール行きが1回増えるから+7時間超だ。

それにブエノス・アイレスからはシンガポールも成田も直行便がない。経由地を回って飛ぶことになるから飛行時間は長くなる。トータルで160時間か!?

 

www.nzherald.co.nz

 

www.bangkokpost.com

 

しかしだ、それは参戦を決めた時点、2014年の後半から分かっていたことだから、不遇をかこつ前にやることがあるはずだ。

 

thepage.jp

 

来年の日程について、Fox Sports がワラターズのダリル・ギブソンHCの考えを報じた。

日本は来年、10万キロの移動と11週間のホテル暮らしをすることになるが、先ずサンウルブスをオーストラリア組に組み込んで日程を組んだらどうなんだ。

来年の試合日程を見て彼(ティアティアHC)はこう思っただろうな。「なんてこった!」 飛行機で飛び回ってばかりだ。半端じゃないよ。

 

サンウルブスの日程に同情しているが、来季はやる気満々の様子だ。2016シーズンはオーストラリア組で2位、総合10位と振るわなかった。

 

www.foxsports.com.au

 

運営は全力でサポートしろおおおおおお!!!!!

スタッフは仕事しろおおおおお!!!!!

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村