読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわかラグビーブログ

ラグビーにわかファンです。もっぱらテレビ観戦、ネット観戦。海外目線に注目しています。

第5節: 宗像サニックスが4位に!しかしリーグの水準はマイナスだ

トップリーグ第5節(日程の3分の1)が終わった。トップ3は変わらない。宗像サニックス東芝を倒して4位に食い込み、パナソニックがNTTに大差をつけて5位に浮上してきた。下位グループでは近鉄NECが上り調子だが、7チームが失速した。

 

f:id:beachfro:20161002153358p:plain

 パナソニック、だ。

 

リーグは低位水準

バイ週をはさんで各チーム、リカバリと準備を整えて接戦を予想したが、

 

違った。

 

40点以上のワンサイド・ゲームが4つもあった。

 

「力の差が出てきた」と言ってしまえばそれまでだが、昨年比で得失点のスタッツを見てみると、リーグ全体が低位水準に落ち込んでいることが分かる。

 

深刻だ。

 

得点だけ見ると、トータルで1845点v1654点で200ポイント近く増加しているが(その分、失点も増えているわけだが)、これは70%増のヤマハを筆頭にトップ3の得点が大幅にアップしているためで、16チームのうちマイナスが10チームと昨年(7チーム)を上回った。もっとも昨年はパナとNドコの試合数が少ないが、それを割り引いても失点が多い。

去年よりも失点が少ないのはヤマハサントリーコカ・コーラNECの4チームだけだ。神戸製鋼は同ポイント。

 

f:id:beachfro:20161002155130p:plain

 

進化したという前評判のトップリーグ。初戦で追い上げてきたかに見えた下位グループだが、ここへきてリーグの足を引っ張り始めた傾向だ。

対戦カードで一喜一憂する繰り返し(次は頑張る)では競争力が頭打ちになる。

リーグそのものの水準をあげるために、トップ12に絞り込む、トップAトップBに分けるなど再編案が出てくるのもうなずける。

 

何を基準にどう分けるんだ?

5節を終えて総得点が100点以上か未満か、総失点が100点未満か以上かが基準になりそうだ。

f:id:beachfro:20161002223929p:plain

 

順位を得点失点で並べ替えてみると、総合1位のヤマハと9位のコカ・コーラ以下のチームとでは得点失点に倍以上の格差がある。一つのリーグとして対戦するには力の差が開きすぎだし、

トップ3とそれ以外のチームとでは失点差がありすぎるので拡張するしかないが、

  • Top12 と下位リーグ
  • 8位で線引してトップA、トップBにグループ分け

f:id:beachfro:20161002230020p:plain

 そうでもしないと、最悪、共倒れだ!

 

ジョセフ・ジャパンの合宿メンバー

FW19人、BK17人、36人の合宿メンバーが10月3日に発表された。

ジョセフHCのコメントによると、2015年代表メンバーは十数人が選出できず、世界レベルの試合経験を積むために、トップリーグで高パフォーマンスを見せた選手を選んだようだ。最少年齢は23歳だ。

 

 ヤング・ジャパンの時ほどの馴染みのなさではないし、スコットランド戦のメンバーも含まれてはいるし、サンウルブスとも何人かダブってはいるが、

 

代表選出って、こーゆーもんなのか?

書類選考、二次選考が終わって合宿が最終選考だとすると、選出の過程、絞り込んでいく様をもっと演出した方が楽しいぞ!

それに、各ポジションに選ばれた理由(強み)が知りたい。ナンバー1ではないとしても、No.2候補のはずだ。

 

 

健闘を祈る! Good Luck!

 

 

 トップリーグは世界水準を意識していないのか?

 

www.nikkei.com

 

JRFUは収益を出せるプロ集団になれってことだと思うが、協会の目的や理念に関わるから簡単じゃないな。戦略計画2010-2019の7年目だし、それなりに計画的に進めているはずだ。ラグビーをスポーツ・ビジネスとして展開できるかというと、JRFUは理念に頼りすぎてるようだし、実施段階は地方協会に丸投げしてる印象だ。

ビジネスは無理だな、会費とか寄付とか補助金に頼り切っててその気もなさそうだ。

日本ラグビーの国際力ってなんのことだ? 発言力か? 影響力か?

 

ビジョン|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。

 

となると、ジャパンSRってことになる。

 

他にないでしょ?

 

ティア2とティア1の溝を埋める

11月のテストマッチを前に、ワールドラグビーがキャンペーン記事をアップした。

ズバリ、ティアの溝を埋めることが11月の目標だと。

 

はっきりしてるな。

 

2015年までの4年間に、ティア1に対してティア2が、失点を抑えトライを上げて競争力をつけるために投資してきたが、2019年に向けてこれを継続する、と。

 

ジャパンを見ろ! と言わんばかりの動画付きだ。畠山が語りヘスケスの逆転トライが炸裂する。ゴール裏の観客席から飛び跳ねながらのアングルだ。

 

 

来年5月の組み合わせ抽選まで半年、28ヶ国が参戦して47試合が組まれた。

 

f:id:beachfro:20161007204902p:plain

 

ラグビー世界ランキング

ワールドカップは上位20チームが参戦する。2019年日本大会は開催国なので自動参戦だが、9位以下のティア2、ティア3のチームが追い上げてくれば次の2023年大会はどうなるか分からない。

2019年日本大会のグループ分け抽選(A,B,S,D 5チーム × 4組)が2017年5月に行われる。ティア1が3チームいる「死の組」に入るとベスト8(各組のベスト2)に残るのはまず無理、2チームでも難しい、予選敗退だ。

  1. ニュージーランド
  2. イングランド
  3. 南アフリカ
  4. オーストラリア
  5. ウェールズ
  6. アイルランド
  7. アルゼンチン
  8. フランス
  9. スコットランド
  10. フィジー
  11. ジョージア
  12. 日本
  13. イタリア
  14. サモア
  15. トンガ
  16. ルーマニア
  17. アメリカ
  18. カナダ
  19. ウルグアイ
  20. ナミビア
  21. ロシア
  22. ケニア
  23. スペイン
  24. ベルギー
  25. 香港
  26. ドイツ
  27. チリ
  28. ウクライナ
  29. 韓国
  30. ポルトガル

 

www.worldrugby.org

 

2015年イングランド大会のA組は「死の組」オーストラリア、ウェールズイングランド、フィジー、ウルグアイ

www.asahi.com

 

組分け抽選は20チームの抽選か、それともティア1の8チームとそれ以下の12チームとで分けるんだろうか?

 

サンウルブス・ティアティアHCが会見

10月5日はヘッドコーチの就任会見で、まだチームメンバーの発表はなかった。日本語の挨拶が好印象だったな。横目でジョセフHCのことを気にしてたのか?

 

www.youtube.com

 

メンバーは33人にオファーを出して、口頭でOKの返事(?)があったのが14人だそうだ。少ないな。2016年は当初34人、最終的に39人のメンバーだった。

 

2月の頭まで4ヶ月間、何やるんだ?

11月のテストマッチトップリーグは休みだから、その間にチーム練習するんだろうか? 初参戦の今年は15戦1勝1分け13敗で、準備不足が敗因にあげられたが、日程は去年とほとんど変わらないぞ。日程以外の準備不足の修正は何をどうやるんだ?

 

f:id:beachfro:20161008120448p:plain

 

1月半ばから2月25日の秩父宮ハリケーンズ戦まで準備は3週間、2月18日にトップリーグ選抜と壮行試合(チャリティーマッチ)だ。

 

f:id:beachfro:20160921233344p:plain

 

コーチ陣

ティアティアHCは2年契約、ジョセフHCは3年、この2人で日本ラグビーのヘッドコーチ、アシスタントコーチの体制ができたことになる。11月には代表のアタッキング・コーチとしてトニー・ブラウンハイランダーズ)が加わる。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村